今日は、世田谷にあるラ・ヴィエイユ・フランスのお菓子のご紹介。
フランスに行く前に、たまたま書店で見かけたこのお店の本を購入して
いたのですが、このお店の木村シェフは、ストラスブールのネゲルで
修業をされていたのだそうです。
(ネゲルは、フランス旅行記 Part10で紹介)

木村シェフは、その後いくつかのお店で修業し、パリのラ・ヴィエイユ・
フランスで修業後、日本でお店をオープンさせたそうですが、そのお菓子、
どんな味だろうと興味津々となり、早速昨日、焼菓子を中心に買ってきました。
(お店には、焼き菓子の他、生菓子もいろいろな種類が置いてありましたが、
それは、また次回のお楽しみとして。)

上段左から、クグロフ、シュトーレン、アンチョビとチーズのバトン
中段左から、アーモンドとキャラメルのパレオール、マドレーヌ、
ショーソン・オ・ポム
下段左から、ガレットブルトンヌ、メープルフィナンシェ

DSC02280_convert_20121229104632.jpg

DSC02281_convert_20121229104814.jpg

DSC02282_convert_20121229105128.jpg

DSC02283_convert_20121229105240.jpg

DSC02287_convert_20121229110016.jpg

定番のマドレーヌ、フィナンシェを含め、どれも美味しかったですが、
シュトーレン、クグロフ、ショーソン・オ・ポムはあまり期待して
いなかったので、期待以上の美味しさでした。
シュトーレン、クグロフともにぜひ作ってみたくなりました。

また、ショーソン・オ・ポム(りんごの包みパイ。ショーソンはスリッパという意味。
もともと布製のバレエシューズを折りたたんだ形が似ていることから名づけられた
そうですが、実際には木の葉の形をしているものが多いです。)は、焼き立て
だったのですが、形も美しく、バターがギタギタしていなくて、あっさりサクサク!
りんごも控えめです。
パリで一番に買った、あの美味しいクロワッサンを思い出しました。
(実は私、重たい感じのアップルパイは苦手なんですが、この生地なら、もう少し
りんごが入っていてもさらに美味しいんじゃないかな、なんて思ってしまいました。)

DSC02286_convert_20121229105916.jpg

残念ながら、これら3つのレシピは本には載っていませんでした。
この3つのレシピこそ欲しかったです!

このお店の店内、落ち着いた雰囲気で、ベラベッカも置いてありました。
アルザス地方の陶器が隅の方に控えめに置いてあったり、コンフィチュール
類も並んでいたりと、なんだか、今回のフランス旅行を思い出させてくれる
お店でした。



  にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
fc2ブログランキング(おやつ・スイーツでなく、手作りお菓子)とにほんブログ村スイーツブログランキング(手作りお菓子・個人)に参加しています。もしよかったら↑上のバナーを両方とも1つずつクリックして応援の気持ちを頂けると嬉しいです。(クリックすると、ランキング表にジャンプし、ランキングに反映されます。戻るボタンまたはブログ名をクリックすると戻ります。)

今後の励みにさせてください。皆さまのあたたかな応援に感謝です!

コメントも歓迎です。いつも立ち寄ってくださり、ありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック